ブログ

catch-img

ラジオCMの基礎知識~生CMとは? その②:TVとの違いは?


目次[非表示]

  1. 1.TVの生CMとラジオの生CM、その違いは?
  2. 2.そもそもラジオの生CMとは?
  3. 3.ラジオの生CMの特徴
    1. 3.1.番組メイン出演者(パーソナリティまたはアシスタント)が生CMを実施
    2. 3.2.番組リスナーと出演者の信頼感を活かしてPR
    3. 3.3.対応できる時間帯が多い
    4. 3.4.1回から実施OK 
  4. 4.参考:とある1週間の生CMラインナップ
  5. 5.まとめ

TVの生CMとラジオの生CM、その違いは?

TVの生放送の情報番組(古くは「3時のあなた」や今なら「ラヴィット!」や「めざまし8」など)で、番組中に生で商品を紹介しているシーンを目にされた経験がありますでしょうか?これがTVの「生CM」です。実は、同様にラジオでも『生CM』はあります。今回はその『ラジオの生CM』の魅力を紹介します。


そもそもラジオの生CMとは?

ラジオの生CM(ナマシーエム)は、生放送の番組内で、パーソナリティ(またはアシスタント)が、CM原稿を生で読むCMです。

詳しくは過去の記事(↓)をご覧ください。

  ラジオCMの基礎知識~生CMとは? 生CMは、生放送の番組内で、パーソナリティ(またはアシスタント)が、CM原稿を生で読むCMです。 通常のCMより、長い時間をかけて、セールスポイントを丁寧に伝えられたり、商品開発のストーリーや、お問い合わせの電話番号など、20秒では入りきらない情報を届けることが出来ます。 文化放送メディアナビ


生CMの企画書はこちらから(閲覧には会員登録が必要です。)

​​​​​​


ラジオの生CMの特徴


番組メイン出演者(パーソナリティまたはアシスタント)が生CMを実施

TVの場合は、生CMパートには、生CM専用の出演者(または番組のコーナー担当者など)が登場して、商品・サービスを紹介するケースが多いです。

ラジオの場合は、番組のメインの出演者(パーソナリティやアシスタント)が、生CM原稿を読みます。その為、番組の流れを止めることなく、シームレスかつストレートに情報が届けられます。


番組リスナーと出演者の信頼感を活かしてPR

ラジオ番組は、出演者とリスナーの関係が近く、更に文化放送にはリスナーに愛されている出演者が数多くいます。

その出演者が番組内で直接PRすることが出来る生CMは、その両者の信頼感の上に成り立つため、リスナーもその商品・サービスを身近に感じ、

「あの(パーソナリティ、またはアシスタント)が紹介した商品・サービスなら、試してみるか)!」

「(パーソナリティ、またはアシスタント)がこれだけ薦めるなら、電話して問い合わせてみるか!」

という動機づけに基づくアクションが期待できます。


対応できる時間帯が多い

ラジオは生放送の番組の中にあらかじめ「生CM対応」の時間が設定されており、しかも朝・昼・夕方(一部夜)と幅広い時間帯に「生CM対応」の時間がある為、

朝:出勤中の会社員、家事対応中の主婦(夫)、農家の方々

昼:商工自営の方々、在宅勤務の会社員、家事が一息ついた主婦(夫)

夕方:買い物前の主婦(夫)、帰宅中の会社員

夜:中高生、職業ドライバー

・・・など、商品・サービスに応じたターゲットに向けてPRが出来ます。


1回から実施OK 

しかも、生CMは1回単位から申し込めるため、

「商品の発売日」、「全社キャンペーンでコールセンターを増員している日」、「週末のイベントのPRを金曜日に」など、

希望に応じてピンポイントで生CMを実施する事が可能です。

(もちろん、2回以上のご発注もお待ちしております!)



参考:とある1週間の生CMラインナップ

【平日デイタイム放送の番組での1週間の内容(読み手:60代男性パーソナリティ)】

(月):化粧品会社(美容クリーム)

(火):保険会社(少額短期保険)

(水):健康食品(活力系健康食品​​​​​)

(木):飲料メーカー(野菜ジュース)

(金):弁護士法人、司法書士法人(過払い金)

 ・・・と、毎日毎日、多彩なジャンルの企業様にご活用いただいております。

                       

まとめ

ラジオの生CMは、メインの出演者(パーソナリティまたはアシスタント)が、その信頼感を活かして、商品・サービスの特長を届けられるラジオ広告です。さらに1回から申し込みが可能となっております。クライアント様のご予算、タイミング、ターゲットに合わせて、ご活用が可能です。

生CMの企画書はこちらから(閲覧には会員登録が必要です。)


その他、ラジオCM全般の具体的なご相談は、下記の「お問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

お問い合わせはこちら



​​​​​​​

  ラジオCMの基礎知識~時報CMとは? 時報CMは、『〇〇時をお知らせします』という「時報」と「ラジオCM」がセットになったものです。時刻の告知とともにCMとスポンサー名や商品名が伝えられますので、信頼感とともに深く浸透させることが可能です。 文化放送メディアナビ



​​​​​​

CONTACT

オーディオメディアのマーケティングソリューションなら
文化放送まで、お気軽にご相談ください

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧